歯が抜ける

いつもこのブログを書くときはメーラーのフォームを使って、あたかもメールを
書いているかのように偽装します、餠です、お久しぶりです。

a0029918_1141658.gif


ショッキングな絵ですが、こんな話をひとつ。

2年数ヶ月前、あれは自分たちの結婚式の二次会が終わったときのこと。
ガムを噛みながら皆と談笑していたら、口の中に違和感を感じました。

モグモグ ボリ

奥歯が半分取れた!!
取れたというより、もげたかんじ。
ガムといっしょに奥歯が半分もげた。
歯茎の中には歯は残っている模様。

新婚旅行から帰ってきて、気になるので
地元の歯医者に行って「処置してください」といったら、
結局半分取れた歯は完全放置プレイ。
その割には他の虫歯をさんざん治された挙句、
「この歯については様子をみましょう」といわれ、
なんや、取れても別段問題ないんや~とおもいつつ。

そしてつい先日、その残りの半分の歯に激痛が。
舌で触ると、歯茎から出ている半分にも満たない歯が、
ポロっと取れかかっているではないか!!
神経かなにかで、かろうじて繋がっているが、
プランプランしてなんだか愉しい。でも痛い。

それでも数日放置してたら、痛みがなくなってきたんだけど
プランプラン状態が洒落にならない程度になってきて
力を入れて触ったら絶対取れる!と思ったんですが
自力で取って、神経むき出しでさらなる激痛が走るのが
怖かったので、しかたなく会社近くの歯医者へ。

「ポロンと取れそうな歯があるので、サクっと取ってください」
という注文に対し、
「判りました、抜きましょう」との答え。

麻酔を打ち(ちょと痛い)、効いてくるまでの間、
歯周病のチェックと、歯の磨き方チェック。
自分で手鏡を持たされ、こういうところはこう磨いてください・・・
などなど。自分で手鏡を持って口の中をみるんだけど、正直なんか恥ずかしい。

麻酔が効いてきたところで、抜歯開始。
なんかペンチみたいなのを持っている歯科医。
響き渡る鈍い音。ゴッ・・・・ゴリッ。イタタタタタタタタ

ちょと~待ってくださいよ、予想外の出来事ですよ、
根元から抜くなんて、そんな前触れも無く、いや、あったのかもしれないが
ちゃんと説明してくださいよ、根元から抜きますよと!

左手上げるどころか両手上がってましたよ。痛すぎて。
さらに麻酔を注入。神経に直接針を刺すもんだからこれまた痛い。

ゴリゴリ。
イタタタタタアタ~~!

やばい。こんな鈍痛久々だ。麻酔効かなさ過ぎて、びっくりだ。
両手上がるどころか、痛みにおびえたためか全身硬直ですよ。
ゴリゴリ抜いて麻酔打っての繰り返しをすること50分、
やっと問題の歯が根元から抜けました。
最後のほうは、悪戦苦闘している歯科医の傍に4人くらい衛生士やらが
観察に来てましたよ。あぁ恥ずかしい。


しかし、なんで歯は一度だけしか生え変わらんのだ?
気に入らなかったら抜いてまた生えてくればいいのに。

しかも、このブログ書き終えたころにこんなのみつけてしまった。
歯牙喪失と痴呆 歯が抜けると痴呆が早まる?

曰く「要するに、奥歯を抜いてしまうとアルツハイマー病と似た状態に陥る、ということが確認されているわけです」オイオイオイオイ
ねれねえよ。
思わずトラックバック。

読んでみて損はない。一度しか生え変わらない歯は大切にせねばならん!!!!
[PR]
by tomochiunited | 2004-09-15 11:40 | 日常のこと
<< ここ数日間のできごと 宇宙を想う >>