最近仕事でおもうこと

毎日せわしなく生活しているはずなのに、
今週は何故か毎日金曜みたいな感覚で過ごしている、ともち家です。
ついでに、これを書いているのは、
焼けた皮膚からまだ皮がぽろぽろめくれる餠です。うぃす。

フィリピン旅行記や、英語コーナーなど、UPしたい内容は
ホント山ほどあるんですが、夫婦ともども17日にとある資格試験を受験せねばならず、
家での食事と家事と睡眠以外は可能な限り勉強に充てているので
17日以降に全て更新致します!!

ので、どうかご容赦を・・・。

このブログ更新するだけで手一杯ですわ。

***

私の勤めている会社は、若さ溢れております!!
ただ、その若さも

有望な中堅どころがどんどん辞めていき、
その分、新人を雇うから保たれているだけですが。

年寄りどころはどんどん年を重ね、
頼りになるべき中堅は、理由は色々あろうが、辞めていってしまう。
気づけば私も6年目、立派な中堅だ。

「この会社では給与が不満」だとか、
「待遇が不満」だとか、色々と憤懣やるかたなき気持ちはよくわかる。
実際私もそう思うしね。

元々続いていたものを、継続することに必要なのは、継続する意志のみ。
その意志こそ、頑強なものである必要がある。それはそれで維持するのに
大変だということは知っている。
でも、何もないところから、知恵を捻り出して、何かを生み出し、
それを継続させるほうが遥かに難しい。

譬えて言うと、
前者は既に進んでいるクルマをメンテナンスしながら走らせる。
後者は、進んでいるクルマを捨て、新たに見たこともないクルマを作って走らせる。

このたいして大きくもない会社で、
継続作業のみに意識を取られていると、思考停止に陥る危険性もある。
上述の譬えで言うと、既成のクルマを常に最新にメンテナンスするのに疲れ果て、
気づけば年を取っていて、「頑張った」という過去の生産物のみが残る。

なんかパーンと花火あげてえなあ。

仕事上のモチベーションを高めるためにも、
ここらでアドレナリン爆発させてみよっかな。
不発に終わることは考えない。
あくまでポジティブにやることに大きな意義がある。
[PR]
by tomochiunited | 2004-10-07 14:57 | 仕事のこと
<< 電車男 トラックバックから入りまーす >>