マイクロソフト技術「怪」文書

マイクロソフト・・・。
一言では言い表せない、ご存知世界最大級の利用者を持つOS、
Windowsを開発、販売する企業さんです。

マイクロソフトOSの脆弱性を突いたウィルスが蔓延するたびに
怒濤の如くパッチをリリースし、ユーザに対して
「これで対処しといてくれ!」とのこと。
そこまではまあ、50000歩くらい譲って、いいとして
その後、どうも「パッチをあててないほうが悪い」みたいな姿勢で
モノを言っているところがあり、いけすかん。

脆弱性を持ったOSやソフトウェアを購入させ、ライセンス契約まで
させておいて、「ウィルスが出回っているから、コレ充てて早くバグ修正しろ」
なんていわれて、挙句の果てにはMS信者から「パッチあててないの?」などと
言われ・・・腹たたんほうがおかしいやろ?

そんなMSですが、最近あまりにも自分たちでばら蒔いた種(不具合)
が多すぎるのか、元々英語版でリリースされているサポート技術情報を、
機械翻訳しているものを掲載しております。
仕事柄、よく利用するのですが・・・・

ところが、この翻訳がとても日本語とは思えないようなデキなのだ。


そんなMSですが、最近あまりにも自分たちでばら蒔いた種(不具合)
が多すぎるのか、元々英語版でリリースされているサポート技術情報を、
人間では対処できず、機械翻訳しているものを掲載しております。

ところが、この翻訳がとても日本語とは思えないようなデキなのだ。

MSB 太陽: Ms. frizzle を惑星で検索するの、ヒント


なんなんだよこれは!

しかもご丁寧に、このふざけた内容に対しユーザーから
文句の声が山ほど届くことを予測し、冒頭でしっかり自らをプロテクトしています。

なになに・・・。

このサポート技術情報 (以下 KB) は、通常、英語で提供されている文書が
機械翻訳システムにより自動翻訳されたものであり、人的な確認・修正が加えられたものではありません。
この翻訳版の KBは、日本語をお使いになるお客様の便宜のために提供させて頂くものであり、マイクロソフトは、翻訳言語の品質について一切保証するものではありません。
また、KB の内容誤訳によって、またはお客様による KB のご使用によって、直接または間接的に起こりうる一切の問題について、いかなる責任も負わないものとします。

日本人はサポート対象外っていってるようなもんじゃねえか。

そしてFAQをみると、

Q. 考えていたより翻訳の品質がよくありませんでした。翻訳の品質は
これから向上するのでしょうか。

A. 機械翻訳版 KB は、翻訳者によって翻訳された KB よりも明らかに
品質が低いものとなっています。 しかし、機械翻訳を検索の条件に含
めることにより、より多くの検索結果を得ることができます。この数年間
において、機械翻訳の技術は大いに向上しましたが、翻訳言語および
技術的内容の品質については未だ保証できるものではありません。
しかしながら、機械翻訳の品質はお客様の問題を解決するためには
十分なものだとマイクロソフトでは考えています。
このような中で、マイクロソフトは定期的に機械翻訳エンジンを改善を
するとともに、翻訳メモリと翻訳用語集を取り入れて、翻訳の品質向上
に努めています。

これでじゅうぶんじゃねえか、文句ねえだろと言っております。

まだあります。

FIX: VML Web ページでのテキストは、ローカライズされた Web ブラウザ コントロールで間違って配置されます。
対象製品


このなかにある「原因」欄。

原因
この問題は、ロケール設定がカンマ(,)を使用するシステムでピリオド(.)の代わり、小数点の記号として発生します。 がバージョンの中国語 Windows で発生しないのに does がすべてのヨーロッパ バージョンの Windows で発生する問題がを行うのは、それ、だ。






それ、だ。


笑えません。

[PR]
by tomochiunited | 2004-07-26 15:26 | 仕事のこと
<< ごぜんきゅう そこのアナタはどうですかニュース >>