<   2004年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トラックバックから入りまーす

どうも。OTです。

・・・なんのこっちゃかわからんかもしれませんが。

奥田民生氏のブログ発見。思わずトラバ。

この人の、気の抜けた、でも芯が通っている音楽好きやなあ。

***

カウンタープレゼント!と勢い良く意気込んでみたものの、
7000までのペースを考えて、【6800】にすりゃよかったとプチ後悔。

ちょっと寝坊して、いつもの電車より一本遅いのに飛び乗ったら
ギュウギュウ詰めの車内で、ワシの傍にハゲデブ汗オヤジが3人。
いつものにのらねばとプチ後悔。

帰宅するとき、本を読んで帰ろうとわざわざ快速じゃなく
普通電車を選んで、座って本を読んでたら、横に座った中学生の
足が異様にクサイ。快速に乗ればよかったとプチ後悔。

でも、そんなこんな後悔なんか一瞬で忘れてしまう、ここんところのワタクシ、餠でした。
アデュー。
[PR]
by tomochiunited | 2004-09-30 18:31 | ネット徘徊

ここ数日間のできごと

ちょっと気を抜くと、すぐ2週間くらいブログ放置の術。
そんな自分に困っていますので誰か代わりに書いて下さい。

9月17日~20日
バタバタでセブ島(フィリピン)旅行に行ってまいりました。

厳密にはセブ島、カオハガン島というところです。
今年はのんびりしたいという思いから近場のリゾートを選択しましたが、
強行日程ゆえか、自分たちの旅のスタイルゆえか、あまりのんびりも出来ず、
動けるだけ動いて、ホテルでは寝るだけというスタイルになってしまいました。

旅行記というか、「これからセブに行きたい!」という人の参考に
なるようなメモを近いうちに掲載したいと思いますのでお楽しみに!

フィリピンでの最終日、例によって見事に肌を焼きすぎて
Tシャツすらまともに着れなくなり、痛いわ熱いわでクーラーつけっぱなし
にして寝たら、ものの見事に風邪引いてしまいました。

9月21日
記念日休暇を取得していたので、寝込んで過ごす。
嫁さんはお土産の仕分けや、後片付けをしておりました。

9月22日
風邪の症状と熱が治まらず、寝込んで過ごす。
嫁さん仕事。

9月23日
秋分の日。
嫁の実家にて過ごす。
「ポテトとひき肉のチーズ焼き」「ポークソテー」を作って食べる。
これまた絶品。
まだ本調子ではないが、熱は下がる。

9月24日

一週間ぶりの会社。相変わらず。
定時後、会社の同僚たちと開催するボーリング大会「Bリーグ」(仮称)のオープン戦を行う。
遊ぶことになると、エンジンが急にかかりだす。
場所は、金曜日の晩だというのに、待つ事なくガラ空きの「ROUND1守口店」。
もう完全な根城としています。
ルールは、1ゲーム毎に、下記のような勝ち点を付与。

1位:2点
2位:1点
3位:0点
4位:0点
5位:0点・・・

1ゲーム毎に、100円ずつベットし、シーズン終了後に優勝者が優勝賞金または
賞品として、受け取ることができるというものです。
シーズン終了は、来年3月末を予定していて、その時点での勝ち点が最も多い者が
優勝するというシステムにしました。

つか、ボーリングて単純すぎる上に、決まりきった、
ストライク出して皆で「イェーイ」、
ガーターだして「惜しい!」。
このマンネリ化したボーリングの構図を180度回転させたかったんです。
もっとこう、骨肉の争いというか、
ストライク出したら「ブー!」
ガーターだして「イェーイ」。
もともと転がすだけの競技だし、技術的な面を磨くのも愉しいが
もっとメンタルな部分で攻撃しあうボーリング。
最高ですよ、ガーターだして「イェーイ」。

9月25日
餠実家に行くついでに、ひっさびさに天王寺ルシアスB1「味神」へ。
ここは、以前から馴染みのお店なんだけど、
交野に越してからはなかなか行くチャンスがなくて、とんとご無沙汰していたんです。
しかもここ1年以上、腕利きのマスターには何度か会うんですが、
オーナーの福田ママには会えずじまい・・・だったんですが、
この日は会えました!!
いつもの美味しい炒飯と上海ラーメンをに舌鼓を打ちながら、ガンガントーク。
おかげでラーメン伸びてしまうわ、ママも他の客に出す麻婆丼を忘れるわ、えらいことでした。
1時間くらいくっちゃべって、満足満足。また、皆で行きたいなあ。

晩御飯は「やろく」で食べる。
ここの玉子コロッケはめちゃウマですよ!いや、ほんとに。一度は喰うべき。


以上、駆け足で日記つけました。

カウンタープレゼント実施中ですので、是非GETしてくださいね!!
[PR]
by tomochiunited | 2004-09-27 10:30 | 日常のこと

歯が抜ける

いつもこのブログを書くときはメーラーのフォームを使って、あたかもメールを
書いているかのように偽装します、餠です、お久しぶりです。

a0029918_1141658.gif


ショッキングな絵ですが、こんな話をひとつ。

2年数ヶ月前、あれは自分たちの結婚式の二次会が終わったときのこと。
ガムを噛みながら皆と談笑していたら、口の中に違和感を感じました。

モグモグ ボリ

奥歯が半分取れた!!
取れたというより、もげたかんじ。
ガムといっしょに奥歯が半分もげた。
歯茎の中には歯は残っている模様。

新婚旅行から帰ってきて、気になるので
地元の歯医者に行って「処置してください」といったら、
結局半分取れた歯は完全放置プレイ。
その割には他の虫歯をさんざん治された挙句、
「この歯については様子をみましょう」といわれ、
なんや、取れても別段問題ないんや~とおもいつつ。

そしてつい先日、その残りの半分の歯に激痛が。
舌で触ると、歯茎から出ている半分にも満たない歯が、
ポロっと取れかかっているではないか!!
神経かなにかで、かろうじて繋がっているが、
プランプランしてなんだか愉しい。でも痛い。

それでも数日放置してたら、痛みがなくなってきたんだけど
プランプラン状態が洒落にならない程度になってきて
力を入れて触ったら絶対取れる!と思ったんですが
自力で取って、神経むき出しでさらなる激痛が走るのが
怖かったので、しかたなく会社近くの歯医者へ。

「ポロンと取れそうな歯があるので、サクっと取ってください」
という注文に対し、
「判りました、抜きましょう」との答え。

麻酔を打ち(ちょと痛い)、効いてくるまでの間、
歯周病のチェックと、歯の磨き方チェック。
自分で手鏡を持たされ、こういうところはこう磨いてください・・・
などなど。自分で手鏡を持って口の中をみるんだけど、正直なんか恥ずかしい。

麻酔が効いてきたところで、抜歯開始。
なんかペンチみたいなのを持っている歯科医。
響き渡る鈍い音。ゴッ・・・・ゴリッ。イタタタタタタタタ

ちょと~待ってくださいよ、予想外の出来事ですよ、
根元から抜くなんて、そんな前触れも無く、いや、あったのかもしれないが
ちゃんと説明してくださいよ、根元から抜きますよと!

左手上げるどころか両手上がってましたよ。痛すぎて。
さらに麻酔を注入。神経に直接針を刺すもんだからこれまた痛い。

ゴリゴリ。
イタタタタタアタ~~!

やばい。こんな鈍痛久々だ。麻酔効かなさ過ぎて、びっくりだ。
両手上がるどころか、痛みにおびえたためか全身硬直ですよ。
ゴリゴリ抜いて麻酔打っての繰り返しをすること50分、
やっと問題の歯が根元から抜けました。
最後のほうは、悪戦苦闘している歯科医の傍に4人くらい衛生士やらが
観察に来てましたよ。あぁ恥ずかしい。


しかし、なんで歯は一度だけしか生え変わらんのだ?
気に入らなかったら抜いてまた生えてくればいいのに。

しかも、このブログ書き終えたころにこんなのみつけてしまった。
歯牙喪失と痴呆 歯が抜けると痴呆が早まる?

曰く「要するに、奥歯を抜いてしまうとアルツハイマー病と似た状態に陥る、ということが確認されているわけです」オイオイオイオイ
ねれねえよ。
思わずトラックバック。

読んでみて損はない。一度しか生え変わらない歯は大切にせねばならん!!!!
[PR]
by tomochiunited | 2004-09-15 11:40 | 日常のこと